NEWS

NEWS

2020/07/02

学院からのお知らせ

新型コロナウイルス感染症対策に関するお知らせ

令和2年7月1日

関係者の皆様

学校法人木下学園
カナン国際教育学院
理事長 木下 沢威
校長 木下 裕

学校法人木下学園 カナン国際教育学院
新型コロナウイルス感染症対策についての基本方針

 カナン国際教育学院では、東京都の「新型コロナウイルス感染症対策と学校運営に関するガイドライン」をはじめ、厚生労働省含む関連機関からの各種通達に沿って、以下の方針を定めております。

*****【当校の新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組み】*****

1.学校運営における対策
►校内へ立ち入る際の検温・マスク着用・手指のアルコール消毒徹底
►時差登下校・分散登校
►教職員の時差出勤ならびに時短勤務・テレワーク(在宅勤務)対応
►一部オンライン授業の実施
►教卓から学生の席まで1m以上距離を取る
►ソーシャルディスタンスを保った座席配置
►使用する各部屋の換気
►使用後の机、椅子、備品(リモコン・ペン類含む)の消毒
►学生利用スペースのパーテーション設置
►お手洗いや学校入口に感染予防対策へのお願いを掲示
►発熱等の体調不良時には学校へ即報告、医療機関受診等までのフォロー・管理を徹底

2.禁止事項
►出張、訪問、来客、会食、飲み会(プライベート含む)等
►当校イベントの開催及び、外部イベントやセミナー等の参加
►その他不特定多数の人と接触の可能性があるもの

3.会議・打ち合わせ
►社内の会議は、原則必要最低限に止め、可能な限り時間短縮
►会議室の定員は2名までとし、3名以上の場合は教室で実施
►会議中は、必ず換気をし、人との間隔を十分に保つ
(休憩室、図書室も使用の際も同様)
►外部との打ち合わせも可能な限りオンラインへ切り替え

※1~3については、7月6日以降は段階的に緩和の予定(各省庁からの通達があれば、この限りではない。)。

4.感染者発生時等の対応
(1)教職員・学生の感染が疑われる場合
ア 校長は、 学校関係者が濃厚接触者と特定されるなど、感染の疑いがあるとの情報を得た場合は、 症状の有無や経過、学校内における活動の態様、接触者の多寡、感染経路の明否等について、本人等に確認を行い、必要に応じて、保健所等に相談の上、以下の措置をとる。なお、出席停止等の期間は、「感染がないと確認できるまで」とする。

学生:出席停止
教職員等:自宅勤務、当校規程による休暇等
それ以外の学校関係者:校内への立入禁止

イ 校長は、校内での感染の疑いがある者について接触歴等の情報をまとめ学校所在地の保健所に相談する 。

ウ 原則として臨時休業は実施しない。ただし、校内での集団発生が疑われる場合には、衛生主管部局(保健所を含む 。 )等の助言等を参考に、必要に応じて臨時休業を実施する場合がある。

(2)教職員・学生に感染者が発生した場合
ア  校長は、 学校関係者が感染したと判明した場合は 、症状の有無や経過、学校内における活動の態様、接触者の多寡、感染経路の明否等について、本人等に確認を行い、以下の措置をとる。なお、出席停止等の期間は、「治癒するまで(医療機関ないし保健所の判断に基づく 。)」とする。

学生:出席停止
教職員等:当校規程による休暇
それ以外の学校関係者:校内への立入禁止

イ 校長は、校内での感染の疑いがある者について接触歴等の情報をまとめ、学校所在地の保健所に相談する。

ウ 保健所の指示による感染者の行動範囲の消毒及び校内での濃厚接触者の特定がなされるまで、原則として学校を臨時休業とする。なお、感染した者等の学校内における活動の態様、接触者の多寡、感染経路の明否等を総合的に考慮し、衛生主管部局(保健所を含む 。)と相談の上 、必要に応じて、休業の実施の有無、規模、期間について検討し、学校の一部又は全部を休業する場合がある。

エ 接触者であっても濃厚接触者に特定されなかった学校関係者については、感染予防策を徹底して行っている前提において、原則として、登校は可能とする。ただし、引き続き感染予防策を徹底させるとともに、健康状態のチェック票等により健康状態を把握する。

*****お役立ちリンク集*****

東京都福祉保健局からのお知らせ都民の皆さまへ~新型コロナウイルス感染症が心配なとき~
新型(しんがた)コロナウイルスについて<やさしいにほんご>
東京都(とうきょうと)外国人(がいこくじん)新型(しんがた)コロナ生活相談(せいかつそうだん)センター